読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代からの!SFCとDVCで花マイル

ハネムーンで行ったアウラニに惚れ込み2015年DVC(Disney Vacation Club)を購入。出張でマイルが半端に貯まったことで一念発起し2016年SFC修行を敢行。 行き当たりばったりの筆者が、20代からDVCとSFCをどう活用するか模索していくブログです。

SFCの威力を実感 羽田〜小松 子連れでの飛行機利用

f:id:hanamile:20170105215027j:plain

あけましておめでとうございます。

 
年末年始は石川県に帰省しておりました。
石川県は新幹線の開通に盛り上がっており、私も何度か利用しましたが、終点がまだ金沢のため、我が家は不便なのです。
よって、飛行機を利用し、解脱したばかりのSFCの威力を実感してきました。
 


1.旅程について

 
まず旅程ですが、
往路: 12月31日 ANA755 機材:B787-8
復路: 1月4日ANA754 機材:A321
人数:大人2名+乳児1名

f:id:hanamile:20170105212711j:plain

本人はプラチナのPLT、家族会員の妻はスーパーフライヤーズのSFCの表記が!感慨深いです。

 

子連れでの飛行機は3回目ですが、繁忙期ということもあり、心配事は多かったです。

往路は予約後に機材変更で787になりました。新幹線があるとはいえ、繁忙期の需要は高いということでしょう。往復共に満席でした。


2.羽田空港チェックイン

羽田は写真がないので申し訳ありません。

まずはチェックインです。
64番搭乗口のため、Cゲート横のプレミアムチェックインを利用します。

https://www.ana.co.jp/domestic/departure/airport/image/dom/hnd2_dep.gif

ピークは過ぎているとはいえ、年末の羽田空港、やはり混雑しています。
横目で見た限りですが、荷物預け、保安検査場には行列ができていました。

そこを華麗にスルーし、我々はプレミアムチェックインへ。
妻のSFC家族会員登録も無事済ませているため、一緒に利用できます。
ここがSFCの良いところであり、注意点でもあります。

www.ana.co.jp

ダイヤモンド、プラチナ、SFCのプレミアムメンバーは、羽田空港にてプレミアムチェックインという専用のカウンター兼保安検査場を利用できます。
今回のような繁忙期でも、タイミングによっては荷物預けも含め、保安検査を通るまで5分とかかりません。私が入った時も誰もいなかったため、あっけにとられるくらいスムーズでした。
注意が必要なのは、「同行者の利用が不可」ということです。
ラウンジは同行者1名まで認められていますが、プレミアムチェックインや優先搭乗はプレミアムメンバー本人とSFC家族会員のみしか認められていません。

happy-mileage.net

これを知っていたので、12/5のプラチナ到達後、大急ぎでSFCの発行、妻の登録を行いました。
無事間に合ってよかったです。


3.羽田空港ANAラウンジにキッズルームが!

一瞬でチェックインが終わり向かったのはANAラウンジ。
修行の際に利用していますが、朝一のフライトばかりだったため、ゆっくり利用するのは初めてです。
妻、そして子連れでの利用も初となります。

入ってすぐ驚いたのは、キッズルームが設置されていたことです。
以前までは気づきませんでしたが、通話ボックス?のようの個室があり、そこが臨時のキッズルームとして、絵本、塗り絵、タイルマットが用意されていました。

子連れでのラウンジ利用は少し気がひけるところがありますが、このような配慮があると皆が快適に過ごせていいですね。
欲を言えば、テーブルと席が一つしかなかったので、もう少し増やすと、利用しやすくなると思います。

しかし元々通話ブースのため扉で遮音されており、子供が少々声を出しても気にしなくていいので助かりました。


4.話は逸れますが…子供の利用について

話が逸れますが、子連れでの飛行機、ラウンジ利用には賛否あると思います。
私も子供が生まれる前と後では価値観が変わっていますが、それでも仕事の時などは子供の声がうるさいと感じます。
それは当たり前のことです。自分の子供でもイライラする時がありますから。
そして親は子供を静かにさせる義務があります。
要はこのバランスだと思うのです。
静かに過ごしたい人の公共性と、子供と快適に過ごしたい人の公共性のバランス。

ダウンダウンの松本人志さんがツイッターで、
「新幹線で子供がうるさい。。。子供に罪はなし。親のおろおろ感なしに罪あり。。。」とツイートしたことが話題になりました。

grapee.jp

共感する方が多いと思います。
一生懸命子供をあやしながら周囲に謝り続ける親を攻められるでしょうか。あなたがその立場ならどうでしょうか。私はそのようか親であれば、暖かく見守ることにしています。

逆に騒ぐ、汚す、走り回る子供を放置しているような親、家族はどのような場所からでも放り出したらいいいと思います。

DVCのアウラニなどは、大人専用のプールを設けたり、子供しか入れないエリアがあったりと、分離しています。そのように、皆が快適に利用できるよう共存の道を探るべきではないでしょうか。


5.羽田→小松 機内

五分遅れでの搭乗となった往路ですが、画面に表示されている飛行時間を見てびっくり
「0:38」38分!?そうか。ちょうど1時間と思っていたのは滑走路にいる時間も含めてなんですね。しかし早い。新幹線ができたとはいえ金沢まで2時間半かかりますからね。
飛行機には勝てません。

我々は前方の通路側から2席並びでとっており、窓際は他の客がいました。
子供連れの優先搭乗でそそくさと搭乗し、妻に787の魅力を紹介していると、恐らくダイヤモンドメンバーと思われる方が我々の席に来ました。
その瞬間、「あー失敗した」という言葉が聞こえました。
子供連れの隣になって、寛げないと思ったのでしょう。(本人は心の声のつもりだっのでしょうが)
その後も何度か舌打ちが聞こえて来ました。
気持ちは分かりますが、しかしたかだか38分のフライトでそんなに気分害する必要ありますかね?ちなみに子供はたまにフガフガ言っていたものの、騒ぐことなく寝ていました。


6.小松空港にて荷物受け取り

小松空港に到着し、荷物を受け取りますが、まずベビーカーが出て来ます。こらはプレミアムメンバーか否かに関わらず、優先して出て来ます。
他の荷物もすぐ出て来ましたが、一般会員だとどうなるのか気になって調べてみると、優先にはならないようですね。

大晦日のためスーパーが閉まるのが早かったので、荷物が早く出て来て助かりました。

 

7.小松空港チェックインとラウンジ

 

小松空港には優先カウンターはありますが、保安検査場はひとつしかないので、出発前はかなり混み合います。

小松空港のラウンジは初めてだったので、テンション高めに写真を撮りました。
便数が少ないので、席数の割には空いていました。

f:id:hanamile:20170105213954j:plain

ドリンクコーナー。
ビールは一番搾りです。青汁はありませんでした。

 

f:id:hanamile:20170105214039j:plain

f:id:hanamile:20170105214335j:plain

ドリンクコーナーから見た風景

 

f:id:hanamile:20170105214412j:plain


ボックス席が二つありました。
全容の写真がありませんが、家族や団体にはオススメです。椅子に充電タブもありました。

小松空港は小さな空港で、国内線は2つしか搭乗口がありません。よって、本当にラウンジにはギリギリまでいられます。優先搭乗のアナウンスが聞こえてから出れば、そのままスルーです。


7.総括

今回は羽田のプレミアムチェックイン、ラウンジのキッズルーム、荷物の優先受け取りなど、SFC、上級会員の威力を実感しました。

途中炎上を煽るようなことも書いてしまいましたが、子連れで公共の場に行くのは本当に難しいです。理解し、理解されるような行動に努めていきたいものです。

本当に威力を発揮するのは国際線搭乗時だと思いますので、早く体験したいです。