20代からの!SFCとDVCで花マイル

ハネムーンで行ったアウラニに惚れ込み2015年DVC(Disney Vacation Club)を購入。出張でマイルが半端に貯まったことで一念発起し2016年SFC修行を敢行。 行き当たりばったりの筆者が、20代からDVCとSFCをどう活用するか模索していくブログです。

我が家にANAラウンジがやって来た!

僭越ながら、本日は花丸の誕生日でございました。

メッセージいただいた皆様、ありがとうございます。

 

そしてなんと、ANAラウンジが我が家にやってきたのでご報告したいと思います。

 

1.家のトイレであの香りが...

 

仕事から家に帰り、トイレに入ると、何かいつもと違う香りがする。

ラベンダー?いや、これはあの大好きな香り、ANAラウンジだ!

 

トイレから出て妻に「トイレに香水まいた?」と聞くと、

「そうだよ」と回答が。

花丸「ANAラウンジの香りがするんだけど」

妻「後で教えてあげるよ」

花丸「絶対ANAラウンジなんだよなぁ...」

 

はっきりしないまま子供と風呂に入りました。

 

2.誕生日プレゼントが!

 

 

妻はいつも記念日や誕生日に気を使ってくれて本当に嬉しいのですが、

子育てやお腹の子のことで大変なので、今年は特に何もしなくていいと言ってありました。

 

しかし、当日も病院に行ったり時間がない中で、素晴らしい食事を用意してくれました。

f:id:hanamile:20170721234631j:plain

28ちゃいになりました。

まだ若いつもりです。

 

そして、誕生日プレゼントに、とくれたのがこれ!

f:id:hanamile:20170721234808j:plain

f:id:hanamile:20170721235001j:plain

なんと、ANAラウンジで使用されているアロマです!!

 

やっぱり私の鼻は正しかった。

わたくし、耳は都合よく悪いんですが鼻はいいんです笑主にお酒限定ですがね。

 

なんでも、私が好きだ好きだと言ってるが、本当に違いが分かるかどうか、こっそりトイレにアロマを仕掛けて試していたんだとか。

見破れてよかった

 

3.あの方のブログを参考にしていた。

 

さあネタばらし、ということで、これをプレゼントしてくれた経緯を教えてくれました。

 

特に何が欲しいと私が言わないので、以前話をしたことがあったこのアロマを探してみたそうです。

 

ネットで検索すると、「羽田空港サーバー」とかいう人のブログくらいしか参考になるものが出てこず、「サーバーって何?」と疑問に思いつつも、何度もブログを読み返して参考にしていたそうです。

その記事がこちら。

続きを読む

1歳児と行く奄美大島3日間②往路編

さあいよいよ出発です。

 

バニラエアは成田空港では第3ターミナルから出発します。

実は成田の第3ターミナルは初めて潜入するので、楽しみにしていました。

 

1.想像通り遠い

f:id:hanamile:20170712181911j:plain

アイムズパーキングに車を預ける場合、第2ターミナルの到着階北口付近で待ち合わせとなります。

第2ターミナルから第3ターミナルまでは、

①徒歩

②連絡バス

の二択があります。

バス乗るほどでもないかなーと思ったのと、ここまで1時間近く車に乗っていたので、これ以上子供がじっとしているのもきついかなーと思って徒歩にしました。

ちょっと歩いてみたかったのもありますが笑

 

歩き始めると、メディア等とでは見ていた陸上トラックが!

妻も何これ?と突っ込んでました。

 

そして想像通り長い!

所々に、あと何メートルの表示があるので、距離感が分かってありがたいのですが、なかなか減らない。余計に長く感じます。

そのためか、何箇所か追い越し車線兼休憩スペース(自動販売機とベンチ)がありました笑

足が悪かったり年配だと嬉しい心遣いでしょうね。

 

2.無機質な空間

 

すいません。ここからは一切写真がありません。

不器用なので、子供を抱っこしながら写真を撮る余裕がなく。

記念のためにも撮りたいのですが...

 

第3ターミナルの手前まで来ると、二階に上がるエスカレーターに出会います。

カートの人やベビーカーの方はエレベータを使うことになりますが、私が行ったときは誰もエレベータ利用者がおらず、快適でした。

 

いざ第3ターミナルに潜入すると、あー無機質!というあの空間がありました。

詳しい方には是非お会いした際にこの設計秘話を教えて欲しいものですが、コストを抑えようと思ったのか、とことんまで無機質を目指したのかわからないほどに、異質な作りでした。

 

ただ、あの音って言って分かりますかね?空港の、アナウンスが流れる前の音。あれは変らなかったので、それを聞いて!あー空港に来たんだなと思いました。

 

3.チェックイン

 

チェックインはQRコードを機械に読み取らせ、搭乗券を発行します。

ただし、乳幼児がいる場合はカウンターのチェックインとなるので、ここは省略で問題ありません。

試しに機械を操作してみましたが、カウンターに来い!とエラーが出ました。

 

それでは並びます。

そう、並ぶんです。

並ぶのですねー。

 

いや、SFC修行解脱以降、ANAしか乗ってなかったので、あのプレミアムチェックインに慣れすぎていました。

並ぶのって辛いなと久しぶりに、そしてかなりひしひしと感じました。

うん、やっぱりANAに乗ろう。でも奄美出てないんだもん。

 

荷物は難なく預けましたが、LCCは荷物の重量や大きさに厳格なせいか、システムの問題か、「15分くらいしても呼び出しがなければ問題ないということですので、それまで保安検査を受けずにお待ちください」と言われました。

実際、呼び出されてる方は多数いらっしゃいました。

 

特に呼びされることもなかったので、保安検査に向かいます。

 

4.搭乗

 

保安検査場も簡素ですが、まあマシンと保安員がいるだけなので大差ないと思います。もちろん並ぶので早めに行動しましょう。

ゴールドトラックはありませんよ笑

 

ブリッジもあるのでしょうが、今回は沖止めからのスタートです。

バスが最後の組だったようで、なかなか出発しません。

この間にログブックの用意などをしていました。

 

沖止めなので、階段で搭乗します。

例の非論理的な当たり屋事件が世に出る少し前でしたが、今は変わってるんですかね。

帰りはブリッジでした。

 

5.座席の予約状況が違う!?

 

私はコミコミプランだったので事前に座席指定をしていました。

そのため、隣がいない席に、直前に変えてやったりした気持ちでいました。

後方はほとんど空いていたのです。

 

ところが乗ってみると前から後ろまで満席!

私の隣にも人がいましたし、どこにも空席は見当たりません。

失敗した!と思いました。

あれはおそらくコミコミプランや特殊な事情で座席指定されている場所以外の「選択可能な席」であって「空席」ではないのでしょう。

 

まあ満席ならしょうがないので、経験を次回に活かせばいいやと開きなおり出発です。

 

若干座席は狭いものの、普通に乗ってる分には何の問題もありません。

2時間くらいであればお尻や腰も痛くなることはないと思います。

 

子供は初め本やおもちゃで遊んでくれましたが、すぐに飽きて、座席ポケットの雑誌や安全のパンフレットを出しては下に落とす、とい遊びを50回くらいやってました。

冗談抜きで。

さらに後半は後ろや斜め後ろのお客さんにあやしてもらってました。

こういうとき、人の温かみを感じるとともに、リゾート路線で良かったと思います。

羽田ー伊丹ではこうはいかないでしょう。

 

ちなみに、このポケットの雑誌にはテイクフリーのものがあり、旅先で使えるクーポンがついてるのでオススメです。

 

そんなこんなで、あっという間に奄美大島に到着です。

 

ログブックも丁寧に書いていただき、感謝でいっぱいです。

バニラエアのスタッフの皆さん、誇りを持ち、輝いて仕事をされていました。

私のLCC初搭乗はとてもいい思い出になりました。

 

次回から最高の奄美の景色や体験を紹介します。

 

 

 

 

1歳児と行く奄美大島3日間①準備編

f:id:hanamile:20170704232027j:plain

先日、家族で奄美大島に行ってきました。

 

特に空港と飛行機の中はずっと子供を抱っこしていたので写真は少なめです。

ご容赦ください。

 

1.交通手段

成田空港へは、これまで成田エクスプレス、スカイライナー、在来線の色んなパターンで行ったことがありましたが、今回は車で行くことにしました。

国内なのでそれほど荷物はありませんが、妊婦と子供連れなこともあり、駐車場なども未知数だったので、試しに使ってみようということになりました。

 

 2.駐車場

車で行くと決まれば、考えるのは駐車場です。

調べてみると、成田より羽田の方が24時間の料金が安いんですねー。

成田が2,060円、羽田が1,500円です。これは意外でした。

 

そんなわけで、初めは公式の駐車場を見ていたわけですが、

「成田 駐車場」で検索すると、公式のページが埋もれるほどに、民間の駐車場が出てきます。

それも、1日500円なんてのもあるじゃないですか。

優柔不断の私には苦行の始まりです笑

f:id:hanamile:20170704230906p:plain

 

そんな苦行の末、「アイムズパーキング」に決めました。

3日間で3,500円という低料金と、空港受け渡しが決め手でした。車庫入れや駐車場からの移動は時間がかかりますし、子供と荷物を持って行程が増えるのが嫌だったからです。

成田空港駐車場 格安のアイムズパーキング

結果、受け渡しはスムーズで、対応もとても丁寧でした。

旅の始まりを幸先よくスタートさせることができました。

 

次はいよいよ初の成田空港第3ターミナルに潜入です。

 

DVCバケーションポイントの繰り越し方法

f:id:hanamile:20170703222409j:plain

久しぶりにDVC関連です。

 

DVC(ディズニーバケーションクラブ)は毎年契約に応じたポイントが付与されます。

毎年計画的に旅行に行くことができればいいですが、必ずしも思い通りにいくとは限りません。

 

何もせず1年を過ぎてしまうと、ポイントは失効してしまい、支払ったお金が無駄になってしまいます。

ユースイヤーと繰越し期限を確認し、「忘れていた」ということがないようにしてください。

繰越し期限は、翌ユースイヤーの4か月前です!

 

そこでDVCでは、翌年(翌ユースイヤー)に限り、繰越すことができます。

我が家は今年は旅行の予定がなく、繰り越しの手続きを行いましたので、その方法を紹介したいと思います。今回は日本語のサイトを使いました。

 

1.DVC会員ページにログインする。

f:id:hanamile:20170703224159p:plain

まずはDVC会員ページにログインします。

自動的にこの画面にならなければ、右上の「マイDVCメンバーシップ」から、「マイダッシュボード」を選択してください。

今年と、翌年のユースイヤーそれぞれにポイントが付与されているのがわかります。

花丸の場合は昨年前借で8ポイント使ったので、92ポイントという中途半端な残ポイントとなっています。

 

2.「ポイントの管理」をクリック

f:id:hanamile:20170703224440p:plain

真ん中の「バケーションポイント」の下に小さく、「ポイントの管理」というリンクがありますので、これをクリックします。

初めてだと見落としがちです。

 

3.「バケーションポイントの繰越し」をクリック

f:id:hanamile:20170703224542p:plain

 下の方に、これまた小さく「バケーションポイントの繰越し」リンクがありますので、

こちらをクリックします。

 

4.繰越すポイントを入力する。

f:id:hanamile:20170703224900p:plain

「繰越し取引」欄に、「繰越し可能なバケーションポイント」が表示されています。

花丸は中途半端ですが、100ポイントの契約で今年まだ使っていなければ「100」、50ポイント使っていれば「50」と表示されているはずです。

「繰越しバケーションポイント」欄に、繰越すポイントを入力します。

全て繰越す場合は左の数字と同じになりますね。

 

ただし、繰り越したポイントを再度繰越すことはできませんので注意してください。

 冒頭にも書いたように、繰越しは翌年に限り有効です。

つまり、ポイントが有効なのは最大2年ということです。

繰越したポイントは必ず使い切るようにしましょう。

 

5.確認画面

f:id:hanamile:20170703225916p:plain

確認画面です。

全て繰越す場合は、「バケーションポイント残高」が0になります。

今年まだ使う予定がある場合は残すか、早めに予約いれてしまってくださいね。

問題なければ確定します。

 

6.繰越し手続き完了!

f:id:hanamile:20170703230257p:plain

これで繰越し手続きは完了しました。

「ポイントホームに戻る」をクリックし、ホーム画面に戻りましょう。

 

7.ポイント情報が更新されている。

f:id:hanamile:20170703230641p:plain

画面のように、今年のポイントは0になり、繰越したポイントが翌年に加算されました。

 

8.まとめ

いかがですか?5分程度で簡単にできてしまう作業ですので、

予定に目途がついたら、早いうちに手続き終わらせてしまいましょう。

 

重要なことを最後にもう一度。

繰越し期限は、翌ユースイヤーの4か月前です!

 

子供が生まれる前に特典航空券をとりたいときは?

f:id:hanamile:20170630162313j:plain

こんにちは。花丸です。

 

陸でマイルを貯め始めてもうすぐ1年経ち、修行用のスカイコイン化で一旦は使い果たしたマイルもようやく15万を超えてきたので、そろそろ特典航空券をとりたいと考えています。

 

私には一歳半の子供がおり、11月には二人目が生まれる予定です。

 

そこで気になったのが、

「まだ生まれてない子の予約はどうすればいいの?」ということです。

 

1.座席を利用する場合

ANAの国際線では、2歳未満の子供は「幼児運賃」のみ支払うことで、膝上での搭乗が可能ですが、座席を利用したい場合は小児運賃が適用されます。

www.ana.co.jp

 

この場合、予約時には特典利用者登録がされていなければならないので、名前や性別、生年月日、パスポート番号等も必要になってきます。

よって、生まれる前に座席を確保することは不可能です。

ちなみに、マイルに子供割はありません。何歳であろうと、大人と同じマイルが必要になります。

 

2.座席を利用しない場合

上記のとおり、幼児運賃を払うことで膝上での搭乗が可能になるわけですが、

こちらの場合もやはり生まれた後でないとだめなのでしょうか。

たとえば、2018年8月のお盆休みに特典航空券をとりたいが、11月出産予定の子供がいる場合は、11月まで待たなければならないのでしょうか?

あるいは特典航空券を予約していても、いったん解約して初めから手続きをやりなおさなければならないのでしょうか?

 

答えはNOです。

 

ANAに問い合わせたところ、以下のような回答がりありました。

 

 お問い合わせについて、お知らせいただきました内容にて
 先に特典航空券でご予約された場合、幼児のお子様の追加は可能でございま 

 す。
 そのため、解約は不要となります。

 あいにく、ANA ウェブサイトではご購入いただけないため
 お電話にて、お座席を使用しない幼児のご料金をご確認の上
  お申し込みくださいますようお願いいたします

 

とのことです。

つまり、私のような場合、大人2名、小児1名(搭乗時2歳のため)で予約をとっておき、生まれた後、パスポート等の準備が整った段階でANAに電話すれば、幼児(座席なし)の追加が可能ということです。 

 

これでいけるのであれば、生まれる前でも、355日前の争奪戦に参加できますね。

 

ちなみに、幼児料金は大人運賃の10%です。

仮に往復20万円であれば、2万円を支払うことになります。

これは特典航空券であろうと有償航空券であろうと変わりません。

 

この、後から幼児(座席なし)のみの追加は有償の場合も適用できるはずです。

特典の予約ではありませんから。

もし違うよ、というご指摘がありましたらご連絡ください。

 

 

 

まだ間に合う!ANAで空行け!九州キャンペーン EARLY SUMMER

f:id:hanamile:20170607223623j:plain

どーも。花丸です。

 

今週末に約半年ぶりとなる念願のフライトが控えており、うきうきしております。

妻の父方の実家に行くのですが、「飛行機に乗ることが目的でしょ」といじられております。

 

さて今回のフライトは羽田ー福岡なのですが、

タイトルにあるように、ANAでは九州を対象とした路線に搭乗すると、抽選で賞品がもらえるキャンペーンを展開しております。

 

修行で利用される方も多いと思いますので、まだ応募していない方はぜひ応募してみてください。

ちなみに我が家はしゃぶしゃぶセットにしました。

当りますように•••

 

詳しくはANAのホームページをご参照ください。

www.ana.co.jp

沖縄にディズニー?

前にユニバーサルも沖縄検討して結局頓挫してましたね。

 

沖縄にディズニーのリゾートホテル建設計画ぎ報道されました。

東京ディズニーランド等を運営するOLC(オリエンタルランド)が運営主体です。

 

ディズニー好きとしては喜ばしいかぎりですがし、比較的南国で、国内のハワイのようなザ•リゾート地の沖縄ですから、アウラニのような施設を作るべきだと期待しておりました。

 

しかし、OLC運営かよ〜と喜びも半減する思いです。

 

ディズニー直営であれば、DVCの対象となり、ポイントの有効活用も視野に入りますが、OLC運営だと他のTDRホテルと同じように、DVCポイントは使えたとしても割高なレートになることが確実です。

 

ディズニー社が直営を検討したかどうかは分かりませんが、アウラニのタイムシェア完売に時間を要したことや日本人の投資性向を考えると、沖縄でタイムシェアを売り出しても売り切れる可能性は低い、あるいは時間がかかることが予想されますから、やはり難しかったでしょうね。

 

しかし、沖縄にできるとなれば、ますます陸マイラー活動をする意義があがりますね。

アウラニのような素晴らしいリゾート施設になることを期待します。