読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代からの!SFCとDVCで花マイル

ハネムーンで行ったアウラニに惚れ込み2015年DVC(Disney Vacation Club)を購入。出張でマイルが半端に貯まったことで一念発起し2016年SFC修行を敢行。 行き当たりばったりの筆者が、20代からDVCとSFCをどう活用するか模索していくブログです。

DVC 日本での利用がますます割高に

公表から結構日数が経ったのでご存知の方も多いかと思いますが、

DVCの会員ページで以下の通知がありました。

 

舞浜・浦安エリアのご予約または変更の際に発生する 95 ドルの手数料の免除が、2017年1月11日をもちまして終了いたします。 取り扱い手数料が適用するリゾートは以下のとおりです(浦安ブライトンホテル東京ベイ以外の4つのホテルに関しては「4ヵ月ルール」はこれまで通り免除されます)。

東京ディズニーランドホテル(ディズニー・コレクション)

ディズニーアンバサダーホテル(ディズニー・コレクション)

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ(ディズニー・コレクション)

東京ディズニーセレブレーションホテル(ディズニー・コレクション)

浦安ブライトンホテル東京ベイ(コンシェルジュ・コレクション)

 

ちなみにこれは日本語版のページで、英語版のページではトピックスとしては見当たりません。

舞浜エリアの予約をしようと入っていくと、下の方に

Effective January 12, 2017, a non-refundable $95 transaction fee applies per confirmed Disney Collection reservation at Tokyo Disney Resort. If payment is not received at the time of confirmation, Disney Vacation Club reserves the right to cancel the reservation.

と薄く小さく書いてあるのみです。

上記日本語の説明とほぼ同内容ですので敢えて訳しません。

さらっと確認しただけなのでトピックスで掲載されている場所があれば教えてくださいませ。

 

日本語版と英語版のホームページは内容が結構違うんですよね。

入会した頃はほぼ役に立たなかった日本語版ですが、最近は予約もできたり充実してきています。

しかし、メンバー向けのニュースなどまだまだ英語版にしか掲載されてない情報も多いです。

 

これはどういうことかというと、

アンバサダーホテル等の舞浜エリアのディズニーホテルをDVCポイントで宿泊する場合、手数料として95ドル(1万円程度)が発生しますよ、ということです。

そのままですね。すいません。

 

問題は、ただでさえポイント単価が悪い舞浜エリアの宿泊がますます割高になってしまうことです。

舞浜エリアの宿泊は、長期の休みが取りづらい日本人メンバーにとって最後の砦のようなところがありますので、心理的ダメージは大きいです。

 

例えば、私は今月DVCポイントでアンバサダーホテルのドナルドダックルームを予約しているわけですが、普通に宿泊すると51,500円かかります。

DVCポイントだと66ポイント必要です。

ポイント単価にすると、51,500÷66=780 1ポイントの価値は780円です。

f:id:hanamile:20170116221231p:plain

 

 同時期にアウラ二の 1ベッドルーム・ヴィラ・オーシャンビューをミッキーネットで検索すると、一泊114,416円とあります。

DVCポイントだと46ポイントですので、

ポイント単価にすると、114,416÷46=2,487 1ポイントの価値は2,487円です。

 

f:id:hanamile:20170116221328p:plain

 

 

 1ポイントの価値、ポイント単価が3倍も変わってきます。

アンバサダーホテルはとてもいいホテルですが、ハワイのオーシャンビュースイートルームより3倍も割高だとなると、DVCで予約する意味は薄いです。

それに拍車をかけるように、一万円ほどの手数料が発生することになるわけです。

 

これはもう、是が非でもハワイかアメリカ本土に行くしかないということでしょうか。

 

そうなると、確実に予定を確保するには、年末年始やお盆などのあらかじめ長期休みが分かっているところで予約することが多くなります。

DVCよりも、航空券の値段がネックになってしまいます。

 

そこで、我が家でも陸マイラー活動をもっと推進し、望むべくは特典航空券、それが無理でもスカイコイン変換でコストを削減しようと決意した次第です。

半年ほど頑張れば、ハイシーズンの夫婦2人分の特典航空券交換マイルは確保できますからね。

 

陸マイラーについては過去記事を参照ください。 

 

sfc-dvc-hanamile.hatenablog.com

 

ちょうどDVCの年間管理費も決済された(はず)タイミングなので、それも改めて書きたいと思います。